Best Friend(100曲チャレンジ #3)

今日は、私の幼い頃の淡い記憶と、当時の音楽の先生の意図などをぼんやりと考えたいと思います。

私は小学校受験を何故かし、(そりゃ、小学校受験なんて、自分の意思でやる人なんてほとんどいないですよね)私立小学校に入学しました。

なんで、小学校受験をしたかについては、親からその後聞くのですが、まぁ、なんとなく理解したようなしてないような中の人(後でまたゆっくり話したいと思います)

ということで、知らず知らずの間に私立小学校に入学したにゃれ(6)は、校則やら、宿題山盛りやらに戸惑いながら、毎日を生きていた気がします(?)

そんな私の母校には6月に小学校全体の発表会があって、そこで学年ごとに曲を歌うという習慣がありました(合唱コンクールか!って話なんですけど、争わないので、お遊戯発表のちょっとレベルが上がったやつですかね。体感的には)

で、小学校入ってまもない頃に私たちの学年が歌ったのが、SMAPのBEST FRIENDでした。でも、私、BEST FRIENDがSMAPの曲だって知ったのは中学に入ってからなので、6年後とか(?)なんですよ、、、おやまぁ。。。

私が入学してまもなく、このBEST FRIENDを披露する直前の2001年6月8日、大阪府池田小学校にて、無差別殺傷事件がおきました。この事件から、学校に見張りの人がつくようになったんですよね、確か。

(質問)

この池田小学校無差別殺傷事件において、当事者は誰をさすでしょうか?

子供を亡くした遺族でしょうか?

殺傷された子供と同級生の児童でしょうか?

池田小学校に通っていた児童全員でしょうか?

池田小学校に勤めている、教職員たちでしょうか?

正解は全員です。

「池田小学校」という学校名はマスメディアに大きく報道されました。

そのことにより、当時池田小学校に通っていたから、池田小学校で教えていたから、「あの頃、池田小学校にいたんだってね」という、周りからの心許ない言葉を浴びてきた人たちは多いと思います。また、この殺傷事件では、児童の他に勿論、教職員も現場に遭遇しています。そのような彼ら、彼女らは、ある程度の物心、そして、教職員という子供を守る立場であるからこそ、責任感の重圧と、児童と同じように心に深い傷を負っているにも関わらず、誰にも相談できないという狭間に苦労していたのではないか、と思います。

そんな、平成教育史でいちにを争う重要な歴史とも言える、池田小事件の年に、この曲を歌ったのは、偶然、だけれども、小学校入学のタイミングとも考えれば、必然なのかもしれません。

小学校は、物心が着いた頃で、繊細な時期でありながら、幼稚園とは違った、特に私立校では、居住区や親ベースではない友人関係が構築される時期です。

その時私の学年を担当してくれた先生は確か当時30代後半の先生でした。お子さんはいないけれど、音楽を通じて子供と触れ合いたい。いわゆる専科で、きていらっしゃった音楽の先生でした(顔と苗字は覚えてるんですけど、何故か下の名前が思い出せない…)同級生と、今思えば、大林素子さんとアンミカさんを足して2で割ったような先生だよねと話してました。うん、確かにそうだった笑

ここからは、この、BEST FRIENDの歌詞を見ていきたいと思います。

Best Friend, Best Friend 大切なひと…

(質問)

あなたにとって、大切な人は誰ですか?

(情報の勉強として)

パワポイントにまとめてみよう!

(英語の勉強として)

For you, who is your important person? Write in English!
Then, read it aloud!

(国語の勉強として)

あなたにとって、大切な人について、作文を書いてみよう!
書き終わったら、声に出して読んでみよう!

口論(ケンカ)なんかしても 僕は本気じゃないよ
やさしさなんて誰も見えないし…

ある程度のけんかの経験は必要ですが、でも、流石に最近行き過ぎたけんかや、いじめに近い煽りもあります。本気じゃないけんかはやめましょう笑

素直にこの気持ち うまく言えないだけ
分かっているよ 僕を心配
してることは… だけど…
(思いをそっと つたえておくれ)

なんか、一人になりたい時ってありますよね。誰にでも。友達の優しさにちょっと嫌気がさしちゃう時。誰でもあります。そういう時。

Best Friend, Best Friend 大切なひと
一番身近な 僕の Best Friend

そんな悲しげな 顔しないでほしい
僕だってちょっと困って目をそらす
耳を塞いでも ココロ閉ざさない
聞こえているよ 信じていいよ
ずっと僕を だから…
(思いをそっと つたえておくれ)

私立小学校はほとんど、友達が1から作られると思います(附属幼稚園がない場合)だからこそ、小学校低学年っていろんな人とつるむから、なんとなく、グループとか軍団とかを意識し始めた人たちが、違うところにいるからって、「あなたは私のグループだと思ってた!」とかいう口論が起こるんですよね。悪気はないから困るんです。ほんと、心閉ざしてるわけじゃないし、、

Best Friend, Best Friend 大好きなひと
とってもとっても 僕の Best Friend

今夜テーブルに メモを置いておくよ
「ごめんなさい!」って小さく書くつもり…
風が吹きぬけて 嵐過ぎたあと
必ずきっと いつも通りに
空が晴れるように…
(思いはそっと むねまで届け)

Best Friend, Best Friend 素敵な笑顔
明日は見せてよ 僕の Best Friend
Best Friend, Best Friend 大好きなひと
とってもとっても 僕の Best Friend

このご時世、友達を作るのも、オンラインなどの導入により一苦労、中高生になるとSNSの普及で一苦労というのを感じますが、本当に小学校の時は、国立、公立、私立問わず、ママ友や学区域、通学路、などに惑わされず、直感的に友達をこれからの子供達には作って欲しいものです。

そして、教職員の方々は、どうか、子供の仲を割くような行為だけはしないであげてください。先生方もストレス溜まるのわかります。私も教育実習ですごいストレス溜まりました。でも、先生方の何気ない一言で生徒の仲が大変になることは安易にありうります、、、

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。